忍者ブログ

株式会社いとう システム営業部 医療・介護チーム

医療と介護と、ときどき雑談

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は木曜日なのです

本日は
ORCA導入のメリットをご紹介したいと思います。

まず、ORCA(Online Receipt Computer Advantage)プロジェクトとは、
医療情報ネットワーク推進委員会にて「医師会総合情報ネットワーク構想」を
構成するツールの一つとして認められた日本医師会の研究事業プロジェクトです。

つまりORCAとは日本医師会で開発されたレセコンなのです。
そのため現場の声を反映し、更なる改良が加えられています。

オープンソースのため、ソフトは無料!

また、ORCA連動の様々なシステムが開発されています。
たとえば連動する電子カルテだけでも30以上。

レセコンがこれなら電子カルテはこれ!
ということがないのです。

レセコンをまずORCAと決めて、
自分に合った電子カルテを探すことができますね。


ORCAのメリットを挙げてみましょう。

・導入経費が比較的安価(ソフトは無料)
 知識があれば自分でインストールすることで
 完全無料で利用することだって可能です。
・ネットワークを通じてすぐさまバージョンアップ。
 点数改正や薬価改正にも無償対応。
 常に最新の状態でご利用いただけます。
・ORCA対応のシステムが豊富
・データ保存期限がない。メーカーの囲い込みなどがない。
・クライアントはWindows、Macでも利用可能。
・CSV出力によりデータの二次利用が自由にできる。
・ハードが古くなったり壊れたとしても、ハードを入れ替えるだけで更新可能。
・レセプトオンラインにも対応可能
・全国で1万件以上の導入実績が裏付ける安心感。
 

思いつくままにメリットを挙げました。


ORCAのメリットをまとめますと、

① 経済性
② 汎用性
③ 安心感

この3点に集約されるのではないかと思います。


毎月高い保守料を支払っている、現在お使いのレセコンに不満がある
という医療機関様は

株式会社いとう システム営業部 Tel:026-221-5544

までお気軽にご相談ください。

日医ITシステム主任者、日医ITインストラクターが全面的にサポートいたします。

PR

今日は花の金曜日

長野県でも桜がいよいよピークに達した感があります。
しかし今日・明日の雨で…散ってしまうのでしょうか・・・。

明日は花見の予定なのに・・。
いや、だからか。
雨男パワー全開
お花見を予定していたみなさまにはご迷惑おかけしてます。。



本日は「ORCAって何?」という方々のために
簡単に説明をさせていただきたいと思います。

「ORCA」とは「Online Receipt Computer Advantage」の略で
日医総研が提供しているオープンソース方式のレセプトコンピューターシステムです。

オープンソース方式を採っているため、
基本的には無料です。

パソコンとインターネットさえ用意すれば
誰でも利用することが可能です。

ドクターが自分自身で設定からメンテナンスまで
全てこなせるのであれば費用はかかりませんが、
やはりドクターはみなさん多忙であります。

そこで弊社のような資格を持った認定事業所がドクターに代わって
設定やバージョンアップ、不具合が起こった際の対応などを
有償でやらせてもらっています。

また、OSはLinuxを採用しています。
これも基本的に無料というオープンソースの考えに則っての事です。



発表当初は不具合もあったようですが、
利用者からの報告や要望を取り入れ、
今ではとても安定したレセコンになっています。

低価格ということもあり
4月15日現在で全国10,890施設で導入されています。

オープンソースであること、シェアが拡大したことで
連動する電子カルテや周辺機器が多数あるということも
大きな特徴の一つです。

通常、レセコンと電子カルテはセットであり、
どちらかを決めると選択肢はなくなってしまう。

しかしORCAでは連動可能な電子カルテが30社以上あり、
使い勝手や価格を評価しながら選定することが可能である。


このブログで
ほんの少しでもORCAの魅力が伝わりましたら幸いです。
今日は花の金曜日

昨日の23時半ごろ、またもや東北で震度6強の地震がありました。
揺れていた時間はけっこう長かったような気がしました。
私の部屋にはロフトがあるのですが、地震が来ると荷物が落ちてこないかハラハラです。
すぐさま携帯で地震速報を確認しましたね。

いよいよフロッピー(FD)というものが世間から姿を消しはじめています。
というか、近いうちになくなります。
医療機関や介護施設においてはレセプトをフロッピーで提出しているところが
まだまだ多いのではないでしょうか。
本日はフロッピーを卒業し、CDに乗り換えようというお話です。

ORCAにおいても「レセプト電算ファイルのCD書き込み手順書」がホームページにアップされています。
昨年の11月に更新されて、いまだに「New」の文字が輝いています。
それほど注目してほしいんでしょう。

ただ、この手順書のやり方はフロッピーと比較するととても面倒なんですよね。
OSCはORCA上でCDに書き込めるプログラムを早く開発すべきだと思います。
今はまだ、探せばなんとかFDが手に入りますが、
早めに対策を考えておいた方がいと思います。



今日は木曜日なのです

桜、まだまだ咲かないですね・・。
東京はもうほぼ満開だというのに。
お花見ができるようになるのは4月末でしょうか。


3月31日で経過措置となり有効期間が切れた薬剤があります。
院外処方は薬局の方で気づいてもらえますし、
そもそも処方箋が出せないので分かるのですが
検査薬剤で有効期間が切れた薬剤を使ってしまう可能性があります。

代替薬剤がある薬剤はいいのですが、廃止になってしまっている薬剤には要注意です。

使ってしまった後で薬剤料が請求できない、なんてことになってしまいます。

経過措置はよく確認してください。

週の始まり月曜日

2011年2月末日でORCAの Etchのver4.4とUbuntu8.04のver4.4がサポート終了、今月から使用ができなくなっています。

ないとは思いますが、もしも該当のバージョンをご使用の医療機関様がありましたら
早急にOSのバージョンアップをしてください。
ちなみに最新のものはUbuntu10.04のver4.5になります。

すでに使用可能期限は切れていますので
普通のORCAバージョンアップは不可能となっています。
OSの入れ替えが必須となっています。

外部媒体にデータを保存し、OSを入れ替えた後でデータを戻していただきます。


次回のサポート終了予定は
2012年10月にEtchのver4.5がサポート終了予定となっています。
Etchは4.6以降には対応しないようなのでEtchユーザーは早めに
UbuntuへのOS入れ替えを推奨いたします。



前のページ HOME 次のページ

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
[06/28 Mr.NG]
[06/28 Mr.NG]
[06/28 Mr.NG]
[04/28 NG Man]
[04/28 NG Man]
HN:
医療・介護チーム
性別:
非公開

カウンター

P R

忍者ブログ [PR]
template by repe